ETC(イーティーシー)カードのご紹介

総合TOP「初めてのETC導入手順」 >  ETCのメリット  > ETC(イーティーシー)カードのご紹介
ようこそ! 「初めてのETC導入手順」へ  

ETC(イーティーシー)カードのご紹介

高速道路での利用者が、年々増加しているというETC(イーティーシー)カードについてご紹介します。
皆さんもETC(イーティーシー)カードという名前自体は、一度は聞いたことがありませんか?
でもどうゆう仕組みになっているのか、ご存知でない方も多いのではないでしょうか。
まずETC(イーティーシー)カードという物は、それだけがどこかのお店で売っている物ではありません。
必ずクレジットカードとセットになっている、有料道路の通行料支払いのためのカードです。

それはなぜでしょう。
ETCカードを使うことで、料金所ではノンストップで運転を続けることが出来ます。
では通行料はどうやって払うのでしょう?
それは料金所にあるアンテナとそれぞれの自動車の車載機が、無線で自動的に精算をすませるからです。
そして車載機に差し込んであるETCカードに、クレジット会社から通行料の請求が来る仕組みです。

さて、そんなETC導入のメリットは大きく分けて3つあります。
その1は料金所のノンストップ通過です。ETCを使用している車なら料金所を止まることなく走行できます。
その2は環境汚染の軽減です。
料金所での渋滞や一旦停止などで、車からCO2が排出されます。
これらを減らすことによって、環境汚染物質の削減にも役立つことができます。

その3は料金の各種割引制度です。
それぞれの高速道路の管理団体によって割引ポイントや方針は異なりますが、ETC車は高速道路の通行料が割り引きされることが多いです。
さらにETC導入車はマイレージサービスを受け取ることもでき、これもメリットとなっています。