ETC(イーティーシー)導入のメリット

総合TOP「初めてのETC導入手順」 >  ETCのメリット  > ETC(イーティーシー)導入のメリット
ようこそ! 「初めてのETC導入手順」へ  

ETC(イーティーシー)導入のメリット

ETC(イーティーシー)導入に必要なのはETC(イーティーシー)カードとETC(イーティーシー)車載機の二つです。
ではこの導入のためにどの程度の費用がかかるのでしょうか。
まずETC車載器の価格ですが、これは多種多様な製品があるため、本当にいわゆるピンキリです。
ただシンプルな機種の場合は、約1万円くらいであるようです。
またETCカードも、そのクレジットカード会社によって必要な金額が違います。
入会金無料が最近は多いようですが、年会費は無料から、場合によっては1000円程度まで、さまざまです。

このようにETCの導入がいくらかの費用をかけてでも進んでいるのは、いろいろなメリットがあるからです。
まず一番のメリットが料金所でスルーパス、すなわちノンストップ通過できることでしょう。
このノンストップ通過のおかげで、料金支払いのタイムロスを避けることができます。
これによって有料道路全体の渋滞の発生を防ぐことができ、快適なドライブの環境が整備されるといえます。

更にETCによる大きなメリットには、通行料金の割引があります。
割引サービスは全国の各高速道路会社によってそれぞれ違いますが、マイレージサービスや時間帯割引などがあるようです。

この他にも苦手な人の多い、料金所や発券所への自動車の幅寄せを避けられたり、雨天時にも窓を開けなくてすんだりします。
これらのメリットも案外ETC導入には大切なポイントですね。