ETC(イーティーシー)カードの便利な利用例

総合TOP「初めてのETC導入手順」 >  ETCカードのお得な利用法  > ETC(イーティーシー)カードの便利な利用例
ようこそ! 「初めてのETC導入手順」へ  

ETC(イーティーシー)カードの便利な利用例

有料道路の料金所をノンストップで通ることが出来るETC(イーティーシー)。
もちろんそれだけでも十分に便利ですが、ETC(イーティーシー)カードの便利な使い方を知れば、更に便利さを実感できます。

まず、ETC(イーティーシー)に関係する機器の規格が、全国統一されていることはご存知ですか?
そこで、どんなカード会社のETC(イーティーシー)カード、どんなメーカーのETC車載器でも、全部のETC対応の有料道路を通過することができるのです。
また1枚のETCカードで、複数の車載器(自動車)を運転することができます。
このため、レンタカーや友人の車などを運転するときにも、まとめて自分のETCカードで支払うこともできるのです。
車載器本体ではなくて、ETCカードへ支払いの情報を覚えさせるシステムは、このような便利さを追求した工夫でしょう。

その他にも便利な使い方があります。
ETC車載器をセットしたとある自動車で使うことのできるETCカードは、その車の持ち主のカードに限定されません。
全メーカー共通規格でETC車載器は作られていますので、車載器はどんなETCカードにも対応しているのです。
たとえば、1台の自動車で有料道路を往復するとき、行きと帰りが違う人のETCカードでも、全く問題はないのです。
でも有料道路の入り口と出口では、同じ人のカードを使って通らなければなりません。
それさえ守れば、便利な使い方といえるでしょう。