ETC(イーティーシー)カードの種類

総合TOP「初めてのETC導入手順」 >  ETCカードいろいろ  > ETC(イーティーシー)カードの種類
ようこそ! 「初めてのETC導入手順」へ  

ETC(イーティーシー)カードの種類

ETC(イーティーシー)とは、有料自動車道の通行料金を、その人(法人)の信用で後払いするシステムです。
そのためにETC(イーティーシー)カードは、一種のクレジットカードとも言えるでしょう。
ETC(イーティーシー)カードには、一体型ETCカードとETC専用カードの二種類があります。
両方ともクレジットカード会社が発行している点は同じですが、普通のクレジットカードとして使えるかどうかという点が違います。

このうち、ETCカードとしてだけ使用できるカードのことをETC専用カードといいます。
つまり有料道路のETCで通行料金を払うほかには、何も使うことが出来ません。
またこのETC専用カードは、さらに法人用カードと個人用カードに分けることができます。

次に一体型ETCカードについてです。
これは通常のクレジットカードと、ETCカードの機能を両方持ったカードです。
一体型ETCカードは、クレジット払いによる買い物の精算とETCによる通行料金の精算の、両方を1枚で行うことができます。
買い物のときに使えるお店は、契約しているカード会社の提携のお店になります。
この頃は、このような一体型ETCカードを発行しているカード会社が増えています。

ETCカードを作るときにはカード会社に申し込みを行うことになります。
ETCカードはクレジットカードの一種ですので、当然、申し込み時には審査が行われます。
また元々は年会費が必要なカードが多かったのですが、最近は無料としているカード会社が多いようです。