ETC(イーティーシー)カードの選び方

総合TOP「初めてのETC導入手順」 >  ETCカードの注意点  > ETC(イーティーシー)カードの選び方
ようこそ! 「初めてのETC導入手順」へ  

ETC(イーティーシー)カードの選び方

有料道路の料金支払いに大変お得なETC(イーティーシー)カード。
いろいろなシーンを考えてカード選びをすることが必要ですが、ちょっと意外な側面からカードを選んでみてもどうでしょう。

ポイントの自動的なキャッシュバックが人気なのは、シティカードのETC(イーティーシー)カード。
150万円以上の年収があったら発行が可能で、自分で毎月の支払額を設定できます。
もちろんお金に余裕があるときには、追加支払いも可能です。
しかも銀行口座が無い場合もコンビニでの支払いで申し込みができます。
このシティカードは、JR東日本の「モバイル・スイカ」にも対応です。

同様にポイントの自動キャッシュバックでは、「UFJカード VIASO(ビアソ)」も人気があります。
VIASO eショップ(Yahoo!ショッピングや楽天市場もあります)で使った場合は、通常より2倍〜10倍のボーナスポイントが加えられます。
カードの発行も、最も短い場合で翌日には発行(ETC(イーティーシー)カードの場合は5日)のスピード発行です。

そしてオンラインでの審査の早さでは「OMC Jiyuda! 自由だカード」の人気があります。
実は、比較的に審査が通りやすいというウワサも…。
毎月支払い額は5,000円以上から。
5,000円の単位で決めることができ、支払いの方法もコンビニ支払いか口座引き落としかを選択できます。
イーバンク銀行の口座があれば、このポイントを現金へ換金することすらできるのです。

これらのカードはどれも年会費が無料になります。
自動キャッシュバックやオンライン審査の早さで選ぶというのも、一つの考え方ですね。