ETC(イーティーシー)カード紛失時の手続き

総合TOP「初めてのETC導入手順」 >  ETCカードの注意点  > ETC(イーティーシー)カード紛失時の手続き
ようこそ! 「初めてのETC導入手順」へ  

ETC(イーティーシー)カード紛失時の手続き

高速道路を走るときに、ETC(イーティーシー)カードはとても便利ですね。
でもカードという小さな形である以上、なくしたり盗まれたりなどのトラブルは避けられません。
こんな時に必要な手続きは、どんな手続きでしょうか?

ETC(イーティーシー)カードがクレジットカードである以上、まず始めにすることはクレジットカード会社への連絡です。
大至急ETC(イーティーシー)カード(ETCクレジットカードやETCパーソナルカード)の使用停止を、電話などでクレジット会社にお願いします。
盗まれた場合は、警察への届出もすることになりますね。

その次にすることは、「ハイカ・前払」残高管理サービスの利用を止めることです。
これは前払い金(残高)の悪用を防ぐために大切です。
この手続きは、インターネットの会員用のログインページから行うことができます。
手続きが終わり次第、「ハイカ・前払」残高管理サービスの利用を止めることができます。
インターネットにつなげない場合も、自動音声対応の専用電話があり、24時間いつでも利用の停止ができます。
なお、この手続きには、ユーザーIDとパスワードが必要になります。

無事にETC(イーティーシー)カードの再発行をクレジット会社などから受けた後は、ETCプラザに指定された書類を提出すれば、「ハイカ・前払」残高管理サービスを再び受けることができます。
また再発行でETCカードの番号が変わった場合は、登録カードの変更手続きも必要です。
未手続きの場合、新しいETCカードを使うときに、前の前払金(残高)を使うことができません。