ETC(イーティーシー)の注意点

総合TOP「初めてのETC導入手順」 >  ETCカードの注意点  > ETC(イーティーシー)の注意点
ようこそ! 「初めてのETC導入手順」へ  

ETC(イーティーシー)の注意点

ETC(イーティーシー)カードを使用することで、様々なメリットが受けられます。
しかし逆に注意することもいくつかあります。
ここではETC(イーティーシー)に関する注意点をいくつかご紹介しましょう。

まず有料道路を通行する前には、ETC(イーティーシー)カードを車載器へ入れたかをしっかりと確認しましょう。
万一ETCカードを車載器へ入れ忘れた場合、ETCレーンを通過しようとしてもバーがあがらずに通過できません。
またしっかり入っていないときも同じことが起きてしまいます。
バーが上がらずに車体とぶつかると、とても危険です。
有料道路を通行するときには、車載器へETCカードをしっかり入れましょう。

またETCレーン走行時に、高速で通過しようとすると、バーにぶつかる場合があります。
前を走っている車とぶつかり、事故になることもあります。
ETCレーンを走るときには、安全を考えて時速20km以下を必ず守りましょう

他にもカードの有効期限のチェックも大切です。
ETCカードもクレジットカードの一種なので、もちろん、有効期限があります。
これをうっかり忘れてETCレーンを走行すると、この場合もバーが上がらなくなってしまうのです。
有効期限を確認も大切ですね。

また、ETCカードを車の内に置き忘れると危険です。
最近は国内でも車上狙いなどが増えているからです。
スキミングなどによる悪辣な犯罪により、大切な情報を読み取られてしまうこともあるかも知れません。
安全のためには面倒でもETCカードは、使用するときにだけ入れるようにしましょう。