ETC(イーティーシー)パーソナルカードとは?

総合TOP「初めてのETC導入手順」 >  ETCのメリット  > ETC(イーティーシー)パーソナルカードとは?
ようこそ! 「初めてのETC導入手順」へ  

ETC(イーティーシー)パーソナルカードとは?

「ETC(イーティーシー)パーソナルカード」をご存知ですか?
これはクレジットカード契約なしでもETC(イーティーシー)が使えるように、本州四国連絡高速道路株式会社や首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社や東/中/西日本高速道路株式会社の6社の共同発行のETC(イーティーシー)カードです。
そしてこのカーは、これらの有料道路の料金支払いだけに限定のカードなのです。
申込みにあたっての主な条件は、最初にデポジットと呼ばれる保証金を預託することです。
このETC(イーティーシー)パーソナルカードの利用での通行料金は、1ヶ月単位でお客様の金融機関口座から引落しになります。
(デポジットは、ETCパーソナルカードの発行に必要な保証金です。そこから利用額を引いていく前払金とは違います。)
またこのカードの運営に必要な費用の一部として、カード1枚につき、税込み1200円の年会費が必要になります。

申し込み時には、予想される年間最高利用月額と平均利用月額を、ETCパーソナルカード事務局に申し出ます。
年間最高利用月額を2万円の単位で切り上げた金額と、平均利用月額を5千円の単位で切り上げた金額(1万円未満の場合は1万円)を4倍した金額を比べて、どちらか高い方をデポジットとして預けることになります。
ただしカードの発行した後に実際の利用実績で、デポジットの金額を増やさないといけない場合もあります。

引き落としされる金額は、毎月中旬に前月分が郵送で知らされます。
そしてその金額が毎月27日に口座引き落としになります。