ETC(イーティーシー)の注意点

総合TOP「初めてのETC導入手順」 >  ETCカードの注意点  > ETC(イーティーシー)の注意点
ようこそ! 「初めてのETC導入手順」へ  

ETC(イーティーシー)の注意点

ETC(イーティーシー)カードを入れ忘れたり、ETC(イーティーシー)車載器が壊れてしまったりした場合は、いくらETC(イーティーシー)の対応車でも、ETCレーンの通過ができません。
こんなときは、他の一般車と同様に一般レーンを使用し、従来どおり現金などで通行料を支払います。
もしもETCレーンに入ってから、ETCカードの未挿入や車載器の故障に気がついたときは、一度停車してから料金所の係員の指示を待ちます。

ETCを導入する時に、たくさんの自動車を所有している一人の人は、ひとつの車載器でいいかというとそれはできません。
なぜなら車載器は各々の自動車のデータを記憶させて利用しています。
そのために、データがセッティングされた車でしか使用できないのです。
つまりたくさんの自動車を所有している人が全部の車でETCを使うには、その台数分のETC車載器を用意することが必要です。
ただしETCカードについては1枚だけあればよく、その1枚を全部の自動車で使うことが可能です。

ETCカードや車にセットした車載器に問題がなくても、料金所の機器側のトラブルにより、ETCのレーンを通過できない場合もあります。
このようなときは、係員の到着を待って、通行券を受け取りましょう。
有料道路を出るときには、一般レーンの係員にETCカードとこの通行券を渡せば、ETCカードでの支払いが可能です。
最後に、ETCレーンのバーが上がらなかった場合にあわてて車をバックさせるのは、大変危険なので絶対にやめてください。