ETC(イーティーシー)利用上の諸注意

総合TOP「初めてのETC導入手順」 >  ETCカードの注意点  > ETC(イーティーシー)利用上の諸注意
ようこそ! 「初めてのETC導入手順」へ  

ETC(イーティーシー)利用上の諸注意

ETC(イーティーシー)を利用する際の注意にはいろいろありますが、ここにはETC(イーティーシー)カードに関する注意をまとめてみましょう。
ETC(イーティーシー)をセットしている自動車でも、ETC用レーンでレバーが開かないことがまれにあります。
この場合の原因として可能性があるのが、ETCカードを車載器に入れ忘れていたり、入れ方がちゃんとしていなかったりする場合です。
またきちんと挿入してあっても、レーンに入る直前にあわてて入れたような場合は、通信エラーになってはじかれる場合があります。
これらのカードに関することは基本なので、念には念を入れてチェックしましょうね。

また一度作ったETCカードが、ずっと使用できるわけではありません。
ETCカードには有効期限があるので、普通のクレジットカードと同じように更新が必要です。
そのため期限が切れたETCカードは、使うことができません。
ただ、前払い式のカードで残金があるのにカード期限が切れた場合は、新しいカードで前払い額を使うことができます。

自動車を降りるときには、ETCカードも必ず抜いて、携帯する習慣をつけましょう。
なぜならETCカードはクレジットカードの一種なので、盗まれて悪用されることがあるからです。
特に最近は、国内でも車上荒らしの被害が増えているので、十分な注意が必要です。
そうでなくても日当たりの良い暑い車内に放置しておくと、熱でETCカード自体が劣化する場合があります。
そうすると使用できなくなるので、その点も注意が必要です。