ETCカードのお得な利用法

総合TOP「初めてのETC導入手順」  > ETCカードのお得な利用法
ようこそ! 「初めてのETC導入手順」へ  

ETCカードのお得な利用法


高速道路をお得に便利に走るには、今やETC(イーティーシー)は欠かせないといえるでしょう。
ノンストップの便利さだけではなく、各種の割引料金やマイレージによるお得感もあります。
そんなお得で便利なETC(イーティーシー)が、自動車だけではなくて、バイクにもあるということは、意外と知られていないことです。
バイクETC(イーティーシー)は2006年11月1日に本格運用が始まりました。
自動車だけだったETC(イーティーシー)のサービスが、やっとバイクにも始まったのです。

バイクETC(イーティーシー)の利用に必要なものや手順は、自動車の場合と大差はありません。
クレジットカードであるETCカードを取得し、2輪車用ETC車載器を購入。
セットアップしてから車載すればOKです。
全て完了するのに2週間ほどかかるようです。
ETCカードは現在御使用のものがあれば、もちろんそれでかまいません。
新規の場合は、自分の生活に合ったクレジットカードを選べばいいでしょう。

最初のセットアップが大変かもしれませんが、これさえすめば快適なETCライフが待っています。
バイクETCさえ取り付ければ、これまでの料金所での大変さからさよならできるからです。
これまでは、バイクは料金所を通るときはとても大変でした。
グローブをはずしたり、お金の準備をしたり、受け取った領収書をしまったり…。
この大変さが解消されて、なおかつ割引料金の適応やマイレージが貯まったりします。
今やバイクにこそETCといえるのではないでしょうか。



ETC(イーティーシー)の利用はノンストップ走行が便利な反面、これまで料金所で受け取っていた領収書が手元に残りません。
どこを走ったのかが証明できなくて困る方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でもそんな心配は無用です。
もちろん料金はETC(イーティーシー)カードの請求明細書で分かりますが、走行の詳細をもっとそれ以前に知ることが出来ます。
そのサービスがETC(イーティーシー)利用紹介サービスです。
これはインターネットの利用により、ETC(イーティーシー)利用証明書の走行明細の確認とETC(イーティーシー)利用証明書の発行が可能なサービスです。
走行日から62日間はETC(イーティーシー)利用証明書を印刷することが可能です。
それよりも更に62日間(つまり走行日より124日間)は走行明細の確認も可能になります。

まず所定のアドレスにアクセスすることで、このサービスを利用することができます。(http://www.etc-user.jp/)
その上で必要事項(ETCカード番号や車両番号など)を入力し、PDFファイルのETC(イーティーシー)利用証明書を、自宅や会社で印刷できるのです。
各道路事業者によって違いますが、走行後4〜5時間後くらいから見ることができるようになります。

ただし、クレジット会社などからの請求明細書が正式な領収書であり、このETC(イーティーシー)利用証明書は正式な領収書ではありません。
しかしETC(イーティーシー)利用証明書を採用するかどうかは各会社により異なるので、そのあたりには注意をしないといけないでしょう。



ETC(イーティーシー)カードを選ぶ際には、様々な会社が発行しているETC(イーティーシー)カードから、ご自分の生活に合ったETC(イーティーシー)カードを選ぶことが必要になります。
そのことでより一層、クレジットカードやETC(イーティーシー)カードを利用するメリットが実感できるからです。
ネットショッピングやネットオークションをよくされる方なら、この世界で勢力を2分するヤフーと楽天が発行するクレジットカード&ETCカードに注目してみてはいかがでしょうか。
どちらも運営サイトでのショッピングには、100円につき2ポイントがつく(2%割引)ことになります。
もしも飛行機のマイルをためている人なら、「ANAマイル = 楽天カード」「JALマイル = ヤフーカード」という選択もありです。

まずはヤフーカードのETCカードについてです。
年会費は無料で、ヤフーのサイトやサービス、ショッピングでの利用の時には、100円につき2ヤフーポイントがサービスされます。
このような点がヤフーのユーザーにオススメのカードです。
ヤフーポイントについては、JALマイレージ(マイル)との交換もできます。
現在は「ETC車載器無料」のキャンペーン中です。

次に楽天カードのETCカードです。
こちらも年会費は無料です。
そして楽天市場でのショッピングのときには、ポイントが2倍(100円につき2ポイント)つきます。
そのためこちらは、楽天のユーザーにオススメのカードです。
楽天スーパーポイントについては、ANAマイレージ(マイル)との交換もできます。
さらにこのカードは、カードの不正使用対策もバッチリなカードです。



お仕事で自動車をお使いになる方に必見のお話です。
業務用の毎月のガソリン代や高速料金。
これらを払いすぎてないでしょうか?
営業のための経費として毎月必要な「高速道路料金」「ガソリン代」などの経費節減は、都市近代化事業協同組合を活用しましょう。

都市近代化事業協同組合では、組合員である法人に対して、法人ガソリンカードの発行をしています。
この全国一律価格カードは、全国(同系列)のサービスステーションで使用可能で、どの地域でも同単価で給油ができます。
ETC(イーティーシー)カードなので、当然現金は不要でクレジット決済です。
このカードの利用の状況はウェブで確認が可能なため、事業用の車両の利用状況・車両管理や、もちろん経費節減に役立ちます。

法人ガソリンカードには4種類があります。(出光/ジョモ/エネオス/エッソ・ゼネラル・モービル)
もちろん複数の種類の申込みも可能です。
どの種類も、自動車の車両数分のカード発行ができます。
そして発行が何枚でも、カードの発行にかかる手数料は発生しません。

このように法人ガソリンカードは法人様にとっては大変お得なカードです。
発行は協同組合事業として、都市近代化事業協同組合が発行しています。
このカードを利用するためには、組合への加入がまず必要になってきます。
協同組合に加入するには、10000円の出資金が必要です。
これは出資金なので、退会するときには返金されるお金です。
交通費は経費として毎月必ずかかってきます。
経費節減の方法の一つとして、一度ご検討されたらいかがでしょうか。



有料道路の料金所をノンストップで通ることが出来るETC(イーティーシー)。
もちろんそれだけでも十分に便利ですが、ETC(イーティーシー)カードの便利な使い方を知れば、更に便利さを実感できます。

まず、ETC(イーティーシー)に関係する機器の規格が、全国統一されていることはご存知ですか?
そこで、どんなカード会社のETC(イーティーシー)カード、どんなメーカーのETC車載器でも、全部のETC対応の有料道路を通過することができるのです。
また1枚のETCカードで、複数の車載器(自動車)を運転することができます。
このため、レンタカーや友人の車などを運転するときにも、まとめて自分のETCカードで支払うこともできるのです。
車載器本体ではなくて、ETCカードへ支払いの情報を覚えさせるシステムは、このような便利さを追求した工夫でしょう。

その他にも便利な使い方があります。
ETC車載器をセットしたとある自動車で使うことのできるETCカードは、その車の持ち主のカードに限定されません。
全メーカー共通規格でETC車載器は作られていますので、車載器はどんなETCカードにも対応しているのです。
たとえば、1台の自動車で有料道路を往復するとき、行きと帰りが違う人のETCカードでも、全く問題はないのです。
でも有料道路の入り口と出口では、同じ人のカードを使って通らなければなりません。
それさえ守れば、便利な使い方といえるでしょう。



ETC(イーティーシー)カードを選ぶ際には様々な選び方があります。
「車に関するカードなんだから、ガソリン割引のあるカードがいいな」そう考えるのももちろんアリでしょう。
ETC(イーティーシー)カードの中には、ガソリン代が割引価格になる会費無料のETC(イーティーシー)カードがいくつかあります。
この中からETC(イーティーシー)カードを選べば、賢い節約ドライバーになれますね。

まずは、UCSカルワザカードのETCカードです。
このカードは宇佐美石油サービスステーションで割引になります。
全国各地の宇佐美石油(直営店のみ)で利用でき、洗車・ガソリン・メンテナンス・カー用品等も、表示価格から3%の割引になります。

次にイオン・コスモカードのETCカードです。
コスモ石油サービスステーションで割引になり、軽油・灯油・ガソリンなどを会員価格で給油できます。
イオンカードなので、イオンときめきポイントも付きます。

出光カードまいどプラスETCカードは、出光石油のサービスステーションで割引になります。
出光SSでの給油は、いつでも軽油やガソリンが1Lあたり2円値引き、灯油は1Lあたり1円値引きになります。
さらに貯まったポイントは、ANAマイルとの交換もできます。

最後にNTTグループのETCカードです。
これは出光石油のサービスステーションで割引になり、ガソリン代が1Lあたり最大40円、軽油が1Lあたり20円割引になります。
こちらも貯まったポイントは、ANAマイルへの交換ができます。

このようにガソリン代が割引になる会費無料のETCカードはいくつかあります。
ココという給油会社が決まっている方には、普通に給油をしてもお得になる大変便利なカードです。



ANAマイルやJALマイルを貯めている人も、最近はかなり多くなりましたね。
そのようなマイラー向けの、いわばセカンド・カードとして人気のカードがあります。
年会費が無料のETC(イーティーシー)カード&クレジットカードが以下にご紹介するカードです。
ETC(イーティーシー)カードの利用額も、意外と大きくなるものです。
自分にピッタリのカードを選べば、より効率よくマイルを貯めることができますよ。

まず「オリコ・アプティカード」は、JALマイラーの人たちに人気のセカンド・カードです。
まるで"オキテ破り"のように、高いポイント付与率のクレジットカードだからです。
なんとカードに入会後の5ヶ月間は、プレゼントとして通常の10倍のポイントがつくんです。
そしてマイルステージは前年度の利用金額によってアップしていきます。
JALマイラーには、このカードは特にオススメです。

次は、このカードのエキサイト版カードになる「エキサイトカード・アプティ」です。
付帯保険やポイントなどは「オリコ・アプティカード」とまったく同じです。
そしてその上に、エキサイト特典がプラスされます。
また「オリコ・アプティカード」は、次年度も年会費無料になるには年1回利用が条件ですが、「エキサイトカード・アプティ」は条件なしの完全永年年会費無料です。

最後は「ライフカード」です。
このカードはANAマイラーの人たちに人気のセカンド・カードです。
誕生日月はポイントが5倍など、ポイントの付与率は業界では最高のレベルです。
eメールマガシンを受け取るごとのポイントサービスや、入会後3ヶ月間の2倍ポイント付与などがあります。
このためANAマイラーには特にオススメのカードです。



好きな歌姫のBGMを聞きながら高速道路をドライブ。
とても気持ちのいいものですね。
ETC(イーティーシー)で料金所もノンストップならば、歌姫のメロディが途中で邪魔されることもありません。
ETC(イーティーシー)でお得というと料金面をまず考えてしまいますが、実はそれだけではないのですね。

こんな意外な部分でのお得もありますが、やはりETCのお得感は金額面で一番感じやすいかもしれません。
ETCを利用するだけで様々な割引やサービスを受けることが出来るからです。
曜日や時間帯の割引、マイレージサービス、特定区間割引、深夜早朝割引などがあります。
例を挙げるとすれば、首都高速道路では平日深夜や日曜祝日には、通行料が20%オフになります。
特別に何をするでもなく、普通に通行しただけでこのような割引が得られるなんて、とてもうれしいものですね。

しかもそれだけではなく、必ず必要なETC(イーティーシー)カードにもお得なものがたくさんあります。
ETCカードにはカードの種類だけのいろいろなお得があるといっても、過言ではありません。
首都高カードでは日曜の通行料が更に割引されたり、NEXCO中日本が発行するプレミアムカードには落下物車両損傷お見舞金制度があります。
ニコスロードネットETCカードやドライビングサポートカードなどの数種類のカードにはロードサービスがついています。
そのほかにもポイントサービスや会員限定の割引、プレゼントなどもあり、使いこなすことで更なるお得を実感できます。