ETCカードの注意点

総合TOP「初めてのETC導入手順」  > ETCカードの注意点
ようこそ! 「初めてのETC導入手順」へ  

ETCカードの注意点


高速道路を走るときに、ETC(イーティーシー)カードはとても便利ですね。
でもカードという小さな形である以上、なくしたり盗まれたりなどのトラブルは避けられません。
こんな時に必要な手続きは、どんな手続きでしょうか?

ETC(イーティーシー)カードがクレジットカードである以上、まず始めにすることはクレジットカード会社への連絡です。
大至急ETC(イーティーシー)カード(ETCクレジットカードやETCパーソナルカード)の使用停止を、電話などでクレジット会社にお願いします。
盗まれた場合は、警察への届出もすることになりますね。

その次にすることは、「ハイカ・前払」残高管理サービスの利用を止めることです。
これは前払い金(残高)の悪用を防ぐために大切です。
この手続きは、インターネットの会員用のログインページから行うことができます。
手続きが終わり次第、「ハイカ・前払」残高管理サービスの利用を止めることができます。
インターネットにつなげない場合も、自動音声対応の専用電話があり、24時間いつでも利用の停止ができます。
なお、この手続きには、ユーザーIDとパスワードが必要になります。

無事にETC(イーティーシー)カードの再発行をクレジット会社などから受けた後は、ETCプラザに指定された書類を提出すれば、「ハイカ・前払」残高管理サービスを再び受けることができます。
また再発行でETCカードの番号が変わった場合は、登録カードの変更手続きも必要です。
未手続きの場合、新しいETCカードを使うときに、前の前払金(残高)を使うことができません。



高速道路を走るときに大変便利なETC(イーティーシー)。
ノンストップでの料金所通過の便利さはもちろん、様々な割引やサービスも見のがせません。
ETC(イーティーシー)カードを使用するだけで、たくさんのサービスが自動的に得られるなんて、とてもお得ですね。

さてそのETC(イーティーシー)カード、これはクレジットカードがあることが必要条件です。
クレジットカードを持っていない場合は、カードの新規作成が必要です。
既に使用しているクレジットカードを利用してETC(イーティーシー)カードを作ることもできますし、自分に合ったETCカードサービスのために、新たにクレジットカードを作るのもいいでしょう。

ETCカードを作るときに大切なことは、申請をしてからカードが手元に届くまでの期間です。
ETCカードが手元になければ、当然ETCは通過できません。
「長距離ドライブの前にそれに合わせて…と思ったら、カードが間に合わなくてETCが利用できなかった」なんて、残念すぎますよね。

その点オートバックスなら、ETCカード即時発行サービスというものがあります。
全国にはETCカード即時発行端末のあるオートバックス店舗がたくさんあります。
その端末を使用すれば、対象クレジットカードがある人や、対象クレジットカードを新規申し込みの人は、その場でETCカードが手に出来ます。
そのスピードは最短なんと3分!これなら間に合わないことはありませんね。



ETC(イーティーシー)カードを入れ忘れたり、ETC(イーティーシー)車載器が壊れてしまったりした場合は、いくらETC(イーティーシー)の対応車でも、ETCレーンの通過ができません。
こんなときは、他の一般車と同様に一般レーンを使用し、従来どおり現金などで通行料を支払います。
もしもETCレーンに入ってから、ETCカードの未挿入や車載器の故障に気がついたときは、一度停車してから料金所の係員の指示を待ちます。

ETCを導入する時に、たくさんの自動車を所有している一人の人は、ひとつの車載器でいいかというとそれはできません。
なぜなら車載器は各々の自動車のデータを記憶させて利用しています。
そのために、データがセッティングされた車でしか使用できないのです。
つまりたくさんの自動車を所有している人が全部の車でETCを使うには、その台数分のETC車載器を用意することが必要です。
ただしETCカードについては1枚だけあればよく、その1枚を全部の自動車で使うことが可能です。

ETCカードや車にセットした車載器に問題がなくても、料金所の機器側のトラブルにより、ETCのレーンを通過できない場合もあります。
このようなときは、係員の到着を待って、通行券を受け取りましょう。
有料道路を出るときには、一般レーンの係員にETCカードとこの通行券を渡せば、ETCカードでの支払いが可能です。
最後に、ETCレーンのバーが上がらなかった場合にあわてて車をバックさせるのは、大変危険なので絶対にやめてください。



ETC(イーティーシー)を利用する際の注意にはいろいろありますが、ここにはETC(イーティーシー)カードに関する注意をまとめてみましょう。
ETC(イーティーシー)をセットしている自動車でも、ETC用レーンでレバーが開かないことがまれにあります。
この場合の原因として可能性があるのが、ETCカードを車載器に入れ忘れていたり、入れ方がちゃんとしていなかったりする場合です。
またきちんと挿入してあっても、レーンに入る直前にあわてて入れたような場合は、通信エラーになってはじかれる場合があります。
これらのカードに関することは基本なので、念には念を入れてチェックしましょうね。

また一度作ったETCカードが、ずっと使用できるわけではありません。
ETCカードには有効期限があるので、普通のクレジットカードと同じように更新が必要です。
そのため期限が切れたETCカードは、使うことができません。
ただ、前払い式のカードで残金があるのにカード期限が切れた場合は、新しいカードで前払い額を使うことができます。

自動車を降りるときには、ETCカードも必ず抜いて、携帯する習慣をつけましょう。
なぜならETCカードはクレジットカードの一種なので、盗まれて悪用されることがあるからです。
特に最近は、国内でも車上荒らしの被害が増えているので、十分な注意が必要です。
そうでなくても日当たりの良い暑い車内に放置しておくと、熱でETCカード自体が劣化する場合があります。
そうすると使用できなくなるので、その点も注意が必要です。



ETC(イーティーシー)を利用するために用意するものは大きく二つあります。
ひとつは自動車にセットするETC(イーティーシー)車載器で、ふたつ目はこの車載器に入れて使用するETC(イーティーシー)カードです。
有料道路の料金所に取り付けられたアンテナと、ETC車載器の間で無線交信が行われ、料金の支払いデータがやり取りされます。
そしてその利用者を見分ける情報や、通行料に関するデータが入っているのが、ETCカードです。
このカードに記憶されたデータを車載器は読み取り、料金所との無線交信でETCは成り立っているのです。

ETCでの通行料の支払いは、現金とは違いクレジット取引で行われます。
そのため、クレジットカードと同じ様に、ETCカードの発行はクレジット会社が行っています。
それぞれの名義のETCカードは、原則として本人だけが使用できます。
車載器とETCカードは別物なので、有料道路の料金を支払う人と自動車の運転手を別にすることもカンタンです。

ETCは支払いに関係する情報の無線交信を、自動車にセットされた車載器と料金所との間でしています。
有料道路の料金は車の種類によって違うため、車に置かれる車載器には、最初にその自動車の情報を覚えさせなくてはなりません。
カードは使いまわせても車載器は使いまわすことができない訳。
その訳は、このような理由からなのです。



有料道路の料金支払いに大変お得なETC(イーティーシー)カード。
いろいろなシーンを考えてカード選びをすることが必要ですが、ちょっと意外な側面からカードを選んでみてもどうでしょう。

ポイントの自動的なキャッシュバックが人気なのは、シティカードのETC(イーティーシー)カード。
150万円以上の年収があったら発行が可能で、自分で毎月の支払額を設定できます。
もちろんお金に余裕があるときには、追加支払いも可能です。
しかも銀行口座が無い場合もコンビニでの支払いで申し込みができます。
このシティカードは、JR東日本の「モバイル・スイカ」にも対応です。

同様にポイントの自動キャッシュバックでは、「UFJカード VIASO(ビアソ)」も人気があります。
VIASO eショップ(Yahoo!ショッピングや楽天市場もあります)で使った場合は、通常より2倍〜10倍のボーナスポイントが加えられます。
カードの発行も、最も短い場合で翌日には発行(ETC(イーティーシー)カードの場合は5日)のスピード発行です。

そしてオンラインでの審査の早さでは「OMC Jiyuda! 自由だカード」の人気があります。
実は、比較的に審査が通りやすいというウワサも…。
毎月支払い額は5,000円以上から。
5,000円の単位で決めることができ、支払いの方法もコンビニ支払いか口座引き落としかを選択できます。
イーバンク銀行の口座があれば、このポイントを現金へ換金することすらできるのです。

これらのカードはどれも年会費が無料になります。
自動キャッシュバックやオンライン審査の早さで選ぶというのも、一つの考え方ですね。



ETC(イーティーシー)カードを使用することで、様々なメリットが受けられます。
しかし逆に注意することもいくつかあります。
ここではETC(イーティーシー)に関する注意点をいくつかご紹介しましょう。

まず有料道路を通行する前には、ETC(イーティーシー)カードを車載器へ入れたかをしっかりと確認しましょう。
万一ETCカードを車載器へ入れ忘れた場合、ETCレーンを通過しようとしてもバーがあがらずに通過できません。
またしっかり入っていないときも同じことが起きてしまいます。
バーが上がらずに車体とぶつかると、とても危険です。
有料道路を通行するときには、車載器へETCカードをしっかり入れましょう。

またETCレーン走行時に、高速で通過しようとすると、バーにぶつかる場合があります。
前を走っている車とぶつかり、事故になることもあります。
ETCレーンを走るときには、安全を考えて時速20km以下を必ず守りましょう

他にもカードの有効期限のチェックも大切です。
ETCカードもクレジットカードの一種なので、もちろん、有効期限があります。
これをうっかり忘れてETCレーンを走行すると、この場合もバーが上がらなくなってしまうのです。
有効期限を確認も大切ですね。

また、ETCカードを車の内に置き忘れると危険です。
最近は国内でも車上狙いなどが増えているからです。
スキミングなどによる悪辣な犯罪により、大切な情報を読み取られてしまうこともあるかも知れません。
安全のためには面倒でもETCカードは、使用するときにだけ入れるようにしましょう。