ETCカードいろいろ

総合TOP「初めてのETC導入手順」  > ETCカードいろいろ
ようこそ! 「初めてのETC導入手順」へ  

ETCカードいろいろ


様々な場所で使用できるJCBカード。
ドライバーの方にはドライビングサポートカードという、あのブラックカードをイメージしたカードがオススメです。
その理由はいろいろなメリットが充実しているからです。

最初のメリットは、年会費無料でのロードサービスです。
ロードサービスというのは、万が一の事故や故障のときに、素早く対処してくれるサービスのことです。
JAFが有名なこのサービスを、ドライビングサポートカードなら、年会費無料で利用できるのです。
このサービスはこれまでに、全国でおよそ10万名の人がすでに利用している、大好評のサービスなのです。
ちなみにこのカードのように、ロードサービスの入会金、年会費の両方が、完全に無料というクレジットカードは他にはありません。

次のメリットは、ドライビングサポートカード(JCBカード)を使うことで生まれるおトクです。
ガソリン代や高速料金、ショッピング代金や公共料金、携帯電話料金やプロバイダー料金などなど。
これらがカードの利用で、1%おトクになるのです。
ちりも積もれば山となる。
同じように使って安くなるのならば、これはとてもおトクなサービスです。

メリットは他にもあります。
カード盗難や紛失時の保障です。
所定の手続きが完了した後の、61日以降の紛失・盗難については、保障がしっかりと約束されます。
これで万一の紛失・盗難も安心ですね。

このようなメリットで、ドライビングサポートカードはたくさんの方々の支持を受けています。



ETC(イーティーシー)を利用するには、ETC車載器とETCカードが必要になります。
車載器はカー用品店やカーディーラーなどで購入できます。
そしてセットアップもお願いできます。
ETC(イーティーシー)カードは様々なカードがあるので、そこから自分にあったカードを選ぶことが必要になります。

ETCカードは車載器に差し込んで、料金所を通過することで料金の計算をしてくれます。
OMC-ETCカードは、株式会社オーエムシーカードまたはOMCカードが提携して発行するクレジットカードの、本人会員に発行されます。
OMCカードの会員でない場合は、OMCカードに入会することが必要になります。
そしてOMC-ETCカードの利用金額は、OMCカードの利用金額とあわせて請求されます。

申し込み方は大変簡単です!
お電話やインターネットで申し込めば、すでにOMCカード会員の場合は、当日発送もOKです。
(時間によっては翌日の発送になる場合もあります。)
OMCカード会員でない場合も、OMCのクレジットカードと一緒の申し込みサービスが、インターネットにより可能です。
このサービスの場合、OMCカードとOMC-ETC(イーティーシー)カードは別送になります。
そしてクレジットカードが発行された後に、OMC-ETCカードが発送されることになります。

もっとスピードアップしたいなら、お近くのダイエー店舗などのOMCカウンターへどうぞ!
この方法だと、申し込みから約30分でのカード発行もOKです。
この方法は、OMCカードをすでにお持ちの方もそうでない方も、利用できますよ。



最近ますますETC(イーティーシー)カードの普及が進んでいますね。
それはETC(イーティーシー)カードに様々なメリットがあるからではないでしょうか。
ETC(イーティーシー)のメリットには次のようなものがあります。

まずETC(イーティーシー)は料金所ノンストップ、しかもキャッシュレスです。
自動車に取り付けた車載器と、有料道路の料金所のアンテナが無線交信することで、料金所をノンストップで通過できます。
通行料金は後日、クレジットカードの一種であるETCカードでの支払いになります。
次にETCを利用すると、料金所でストップすることがなくなりますので、料金所周辺の騒音や排気ガスの削減にもなります。
そして支払いによる渋滞での排気ガスが減ることにより、地球温暖化の抑制にも効果があります。
つまりは環境にも優しいわけですね。
最後にETC車だけの割引制度である「特定区間割引」や「時間帯割引」などの割引もあります。
このようにETCカードは大変メリットがあるのです。

いろいろな会社がETCカードを発行しています。
その中でUC ETCカードのメリットは、インターネットや電話ですぐに申し込みが可能なことです。
UCカードが既にある方は、申し込み受付後に、最短2営業日後で発送していただけます。
UCカードがまだない方でも、UCカードとUC ETCカードをインターネットで同時に申し込むことができます。
この場合も最短5営業日で、発行していただけます。
更に急ぐ場合は、オートバックスの一部店舗に設置してある「ETC即時発行機」へどうぞ。
この発行機だったら、UC ETCカード発行まで約3分の短さです!



セゾンカードにはいろいろな種類があり、それぞれの生活に合ったカードを選ぶことができます。
セゾンカードインターナショナルや千趣会セゾンメンバーズカード、トイザらス・カードなど、その種類は本当に多岐にわたります。
そしてどのセゾンカードでも、年会費永久無料のETC(イーティーシー)カードを、セゾンカード1枚につき5枚まで発行が可能です。

年会費永久無料の他にも、セゾンカードにはETC(イーティーシー)カードの即日発行があります。
これは一部のセゾンカウンターでのサービスですが、セゾンカードをお持ちの方なら、ETC(イーティーシー)カードを即日発行してもらえるというものです。
(JAFセゾンカードは除く)
通常ならばお手元に届くまでに時間のかかるETC(イーティーシー)カードを、この即日発行サービスならその場で手に出来ます。
これはとても便利なサービスですね。

「即日発行可能なセゾンカウンターが近くにないの」そんな方もご安心を。
セゾンカードをお持ちの方なら、オンライン申し込みにより、約1週間ほどでETC(イーティーシー)カードが郵送されます。
各種セゾンカードとETC(イーティーシー)カードの同時申し込みでも、セゾンカード発行の約1週間後にはETC(イーティーシー)カードが郵送されます。

このようなサービス以外にも、ETC(イーティーシー)カード使用自体でのサービスも、もちろん利用可能です。
ETC(イーティーシー)スマートパッケージは2007年11月20日まで実施中です。
セゾンETC(イーティーシー)カードにはたくさんのお得が詰まっています。



現在、様々な種類のETC(イーティーシー)カードがあります。
パソコンの検索サイトなどでも有名なYahooも、Yahoo!JAPAN ETC(イーティーシー)カードがあります。

Yahoo!JAPAN ETC(イーティーシー)カードは、年会費も入会金も不要です。
様々なサービスをYahooカード自体が元々持っています。(ネットセーフティのサービス、ショッピング時の保険、Yahoo!ポイントの獲得、CD・ATMやネットでのキャッシングなど。)
そして更にYahoo!JAPAN ETC(イーティーシー)カードの利用で、Yahoo!ポイントが通行料金100円につき1ポイントたまります。
このポイントは様々な道路事業者が行っているポイントサービス、ETC(イーティーシー)マイレージサービスとは別に貯まります。

この「理由に関係なく貯まるポイント」こそが、Yahooカードの魅力です。
カード利用によって1%のポイントバックが利用内容を問わずにあるのです。
これはもちろんETC(イーティーシー)通行料金でも同様です。
そして累積ポイントは、Yahooショッピングにて利用ができます。

更に現在は、車載器が無料になるという期間限定キャンペーンも、Yahoo!JAPAN ETC(イーティーシー)カードへの申し込みの条件を満たした方へ実施中です。(2007年11月30日まで)
一つの条件としては、このキャンペーンで取り付けた車載器を、2年以上使用することなどがあります。
自動車への取り付け費用の負担は各々になりますが、これは通常でもかかる費用なので、特に気になる費用ではないのでしょうか。



有料道路をドライブする際にとても便利なETC(イーティーシー)。
有料道路の料金を、ノンストップで支払うことができるシステムです。
窓を開けたり現金を用意したり、という準備が解消されて、通行がとてもスムーズになります。

アプラスカードはドライブや旅行だけでなく、国内や国外でのショッピングなど、楽しい暮らしをサポートするカードです。
ETC(イーティーシー)カードも作成することで、更にドライフもメリットをたくさん実感できます。
キャッシングが急に必要なときにもご安心を。
全国に110,000台もの提携のATM機やCD機があります。
現金が急に必要なときには、これらで現金を用立てすることができます。
もちろんその場合は、月々の支払い額をきちんと確認して、計画的な使用を心がけてくださいね。

そんな様々なサービスのアプラスによるアプラスETC(イーティーシー)カード。
このカードは永年無料の年会費です。
まだアプラスカードの会員ではない場合、ETC(イーティーシー)カードはアプラスカードの新規申込みと同時に申し込むことが出来ます。
家族カードとアプラス国際カード(VISA、JCB、Master)が対象になります。
そして万一不正に使用された場合も、保険適用期間内なら、損害の金額をアプラスが負担という安心のサービスです。

現在アプラスカードの会員の方は、更に簡単です。
ウェブからの申し込みだけでOKです。
ETC(イーティーシー)カードは、申込み後およそ2〜3週間後に発送になります。
アプラスETCカードの利用代金は、アプラスカード自体の利用代金との合計で請求されますよ。



自動車が走るのに必ず必要なモノ。
それはガソリンですね。
ETC(イーティーシー)カードを作りたいと思う人は、当然運転したいと思っているはず。
そのためにガソリン会社系のETC(イーティーシー)カードは大変メリットがあるのです。
新日本石油のエネオス(ENEOS)は、全国各地に給油所があります。
あなたのおうちのご近所にもあるのでは?
自動車が走るために必ず必要なガソリンを給油するガソリンスタンド。
そんなエネオスでETC(イーティーシー)カードをつくれば、ガソリン代を全国でお得に利用できます。

では、そのメリットをみていきましょう。
まずカードの割引が大きく変わって、自動的にガソリンが2円/L・灯油が1円/Lの値引きが付いてくるようになりました。
ドライブの必需品のガソリンが自動的に安くなるのは、見逃せないメリットですね。
更に年会費も無料になりました。年に額を問わず1回でも使えば無料になるのです。
これもうれしい特典ですね。

これまでのエネオスカードの弱点は、ガソリン代割引が、ポイントをたくさん貯めなければお得に交換できないことでした。
これが自動的に2円/L安くなり、ポイントもその上にたまっていくのです。
年会費が無料でETC(イーティーシー)カードも無料、家族カードまで無料と、たくさんの人にオススメできるカードになりました。

他にもメリットはあります。
エネオスETC(イーティーシー)カードは、年会費が無料のカードにもかかわらず、自動的に海外旅行保険がついてきます。
日常生活だけでなく、旅行のときにも自動でサポート。
本当に心強いカードです!



とっても便利な三井住友VISAカード。リボ払いのコマーシャルなどでも有名ですね。
ところでこの三井住友VISAカードに、ETC(イーティーシー)カードがあることは皆さん、ご存知でしょうか?

ETC(イーティーシー)カードは高速道路などでETCを通る際に必要なカードです。
クレジット機能が必要なので、様々なクレジット会社などから、ETCカードが出ています。
そしてクレジットカードである三井住友VISAカードからも、ETCカードが出ているのです。

有料道路の料金所を年会費無料のカードで、ノンストップ&キャッシュレスで運転できます。
ETC(イーティーシー)専用カードというのはそれだけでは持つことが出来ず、MasterCardまたは三井住友VISAカードと一緒に申し込むことになります。
VISAカードとETCの機能がひとつになった「VISA一体型ETCカード」もあります。
これは自分のライフスタイルなどを考えて選ぶと良いでしょう。
オンラインでの申し込みもできますし、お急ぎの場合はオンラインで申し込みの後、全国にある三井住友銀行支店などに受け取りに行くことにより、最短1日での受け取りもできます。

他にもオススメポイントはあります。
万が一、無くしたりや盗まれたりしたときも、会員保障制度があります。
これはお届けから60日前にまでさかのぼり、それ以降の不正利用について補償が受けられるものです。
国内外問わず、紛失・盗難の連絡も24時間・年中無休でOKです。
(ただし車を降りる際には、カードは車内に置いたままにせず、必ず携帯してください。)



たくさんの種類があるETC(イーティーシー)カード。
その中から自分にあった1枚を選ぶのもなかなか大変ですね。
「カードを1枚にまとめてお得をぎゅっと凝縮させたい!」という方には、さくらETC(イーティーシー)カードはいかがでしょうか。
このカードは、三井住友銀行グループの一員のさくらカードが発行している「さくらJCBドライバーズプラス」に、ETC(イーティーシー)機能が加えられたものです。

オススメポイントは、大変にキャッシュバック率が高いことです。
キャッシュバック率はレストランやショッピングなどの、クレジットカードの利用金額から決まりますが、この率が大変高いのです。
(なんと最大30%!ただし利用金額により異なります。)
しかもこのキャッシュバックの対象となるのが、どこのガソリンスタンドでのガソリン代、どこの高速道路の通行料でもいいんです。
これって、大変便利でお得だと思いませんか?

ガソリン代の割引が適応されるETC(イーティーシー)カードはたくさんありますが、ガソリンスタンドの提携クレジットカードは、そのメーカーのガソリンスタンドじゃないと、割引が適用されないのが普通です。
でもこの「さくらETCカード」は、どこのガソリンスタンド、どこの高速道路でもOKです。
旅行などで遠出したときに、一生懸命にお目当てのガソリンスタンドを探すストレスがなくなりますよ。

同じガソリンを入れるのならば、やはり少しでもお得に入れたいですよね。
しかも給油以外でも、洗車や高速料金にもキャッシュバックが適用されます。
そのためレジャーに車を使う方なら、このカードは絶対オトクです。



ETC(イーティーシー)とは、有料自動車道の通行料金を、その人(法人)の信用で後払いするシステムです。
そのためにETC(イーティーシー)カードは、一種のクレジットカードとも言えるでしょう。
ETC(イーティーシー)カードには、一体型ETCカードとETC専用カードの二種類があります。
両方ともクレジットカード会社が発行している点は同じですが、普通のクレジットカードとして使えるかどうかという点が違います。

このうち、ETCカードとしてだけ使用できるカードのことをETC専用カードといいます。
つまり有料道路のETCで通行料金を払うほかには、何も使うことが出来ません。
またこのETC専用カードは、さらに法人用カードと個人用カードに分けることができます。

次に一体型ETCカードについてです。
これは通常のクレジットカードと、ETCカードの機能を両方持ったカードです。
一体型ETCカードは、クレジット払いによる買い物の精算とETCによる通行料金の精算の、両方を1枚で行うことができます。
買い物のときに使えるお店は、契約しているカード会社の提携のお店になります。
この頃は、このような一体型ETCカードを発行しているカード会社が増えています。

ETCカードを作るときにはカード会社に申し込みを行うことになります。
ETCカードはクレジットカードの一種ですので、当然、申し込み時には審査が行われます。
また元々は年会費が必要なカードが多かったのですが、最近は無料としているカード会社が多いようです。